サービスNO.1への道でタグ「七夕」が付けられているもの


今日は七夕
お天気も良さそうなので、織姫と彦星、会えるといいですね~

高2の娘も今日で期末試験が終わり
終了後は友達と原宿へ繰り出すようです!
連日試験死んだと言っている娘ですが
日頃しっかりと準備していれば
定期考査なんてなんてことはないのですが・・・
まだまだ、学習できていないようです!(T_T)
人生しっかりと修行したいのでしょうか?(苦笑)

高校生活は満喫しているようなので
後は学生の仕事である学習をしっかりとやってくれれば
充実した高校生活になると思います。

面倒くさいこと、大変なことほど前倒しでやる!
この習慣をつけると人生のステージが変わります!

来年の七夕までに学習してくれること父は願っています!

(今日のひと言)
面倒くさいこと、大変なことほど前倒しでやる!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


今日は七夕ですね!
旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を
機織して棚に置いておく習慣があり、
棚に機で織った衣服を備えることから「棚機[たなばた]」という言葉が生まれたそうです。
その後仏教が伝来すると、
7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、
棚機は盆の準備をする日ということになって
7月7日に繰り上げられたとか。

これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、
天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と
彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が
年に一度の再会を許される日とされたようです。

地元では夜は雨予報ですが、
織姫と彦星が会えるといいな~(^^)

(今日のひと言)
時にはメルヘンを感じてみよう!


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


今日は七夕ですね~

1年に1回の再会の日なのに、
たいていはお天気が悪い気がします。

そして今も雨が降っています。(泣)

とってもヤキモチ焼きの誰かが、
おりひめとひこぼしの再会を邪魔しているのかな~(笑)

娘は願い事を何にするのか思案中ですが
ここはひとつ、
私も娘を見習って願い事をしましょうかね~

願い事は・・・秘密です!(爆)

(今日のひと言)
時には童心に帰ってみよう!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。


今日は七夕ですね~

関東地方のお天気は夜から晴れてくるようなので
お星様を見ることができそうです。


但し、私自身その時間まで起きていられるかどうか?(笑)


ところで

七夕を記念して
普段会うことのできない方に
意識的に会うこともいいのではないかな~と思います。


意識的に普段とは違うことをしてみると
いままでとはちょっと流れが変わってくるかもしれません!


変化を恐れるのではなく
変化を楽しむ!


そんな人生でありたいと思います!!

(今日のひと言)
変化を楽しみたいものです!


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

昨日は七夕でしたがお星さまが見られず残念でした。
記憶では七夕にはなかなかお星さまが見られないような気がします。


ところでこの七夕についての由来を調べてみたところ次の通りでした。


七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、
古くから行われている日本のお祭り行事で、
一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。

毎年7月7日の夜に、
願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、
星にお祈りをする習慣が今も残ります。

その起源には数多く説がありますが、
(1)もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」と
(2)おりひめとひこぼしの伝説と
(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
という行事があわさったものと言われています。


(1)「棚機(たなばた)」
「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、
乙女が着物を織って棚にそなえ、
神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり
人々のけがれをはらうというものでした。

選ばれた乙女は
「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、
川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって
神さまのために心をこめて着物を織ります。

そのときに使われたのが
「棚機」(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わると、
この行事はお盆の準備をする
7月7日の夜に行われるようになりました。

現在七夕という二文字で
「たなばた」と当て字で読んでいるのも、
ここから来ていると言われています。


(2)おりひめとひこぼしの伝説
琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、
鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は
農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。

この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで
最も光り輝いているように見えることから、
中国でこの日を一年一度のめぐりあいの日と考え、
七夕ストーリーが生まれました。


(3)奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」
「乞巧奠(きこうでん)」は、
中国の行事で7月7日に織女星にあやかって
はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれ、
やがて芸事や書道などの上達も願うようになりました。
その後日本でも芸の上達を願って行われるようになり、
歌を梶の葉に書いて祈りました。

昔はサトイモの葉にたまった夜つゆを「天の川のしずく」と考えて、
それで墨を溶かし梶の葉に和歌を書いて願いごとをしていました。

江戸時代になると梶の葉のかわりに
たんざくに色々な願い事を書いて星に祈るお祭りとなりました。

五色のたんざくの五色は五行説にあてはめた五色で、
緑・赤・黄・白・黒をいい、
中国では五色のたんざくではなく、
五色の糸をつるします。

こうしてみると、中国からの影響が大きいのですね~

私は(2)しか知りませんでしたが
皆さんはいかがでしたか?

今日は久しぶりにいいお天気になりそうです!!

もう一日早かったら、
おりひめ様とひこぼし様も
喜んだかもしれませんね!!

(今日の一言)
七夕の由来ご存知でしたか?


私のサイトです。
よろしければご覧下さい!

タグ

Powered by Movable Type 4.01