村田の本棚からでタグ「経営」が付けられているもの

伝統と最新手法が織りなすイノベーション

目次は次のとおりです。

第1章 本庄兄弟が記した未知なる一歩
第2章 革新的な発想で商品開発
第3章 会社の体質を変えるサプライ・チェーン

第4章 総合飲料メーカーへの道
第5章 ユニークなルートセールス方式
第6章 先読みの財務戦略

第7章 アメリカ市場から世界へ
第8章 お客様第一主義の姿勢

創業以来46年間黒字を続ける着実な成長力。
茶の文化を時流に合わせて
モデリング飲料事業多角化に挑む。

経営あり方を考える上で参考となる本です。


<印象に残った一文>
「お客様を第一とし、誠実を売り、努力を怠らず、信頼を得るを旨とする。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

読むだけで「儲かる会社の秘訣」がわかる本!

目次は次のとおりです。

ファミレス戦争勃発!?

ヒカリのクラークシップはじまる
ー大切なのは現場での経験

決算書はトップシークレット
ー損益計算書には利害関係者が並んでいる

女性はなぜ、高価なトリュフを買うのか?
-限界利益は会社が創った付加価値

アクションプランはノウハウの固まりだった
ー赤字会社を黒字化する方法

決算書だけでは、真実はわからない
ーバランススコアカードの四つの視点

お客様の声は天の声
ー“顧客の視点”で仕事を見直す

キッチンには宝が埋まっている
ー業務プロセスを見直す

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?
-学習と成長の視点

逆転の発想がロミーズを救う
ー個人の力を結集してチームで乗り切る

千の端店に奇跡が起きた!
-33カ月ぶりの黒字達成、そして…

なぜ、赤字が止まらないのか?
どうすれば儲かる会社に変われるのか?

儲かる会社になるための
会計と経営の基本が学べるビジネスストーリー書です。

机上の空論ではなく、
知識を実学にするためのエッセンスが詰まった書です。



<印象に残った一文>
「自分で経験しないことは理解できない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

社会・トップ・戦略・組織

【送料無料】深化する日本の経営

【送料無料】深化する日本の経営
価格:3,360円(税込、送料別)

目次は次のとおりです。

1 日本企業
(日本的経営ー三種の神器/現代の企業/企業成長と企業の社会性)

2 トップマネジメント
(トップマネジメントの実態/コーポレート・ガバナンス/経営者機能/経営者能力)

3 経営戦略論
(経営戦略論とその系譜/経営戦略のプロセス/前社戦略/事業戦略/製品戦略/競争優位の源泉)

4 組織とヒトの管理
(経営資源の管理/組織の管理/組織の活性化/ヒトの管理)

5 これからの企業
(良い企業とは/社会性に関する実証研究)

日本企業を対象とした経営学の入門書です。

「社会・トップ・戦略・組織」という、
執筆陣のそれぞれの専門領域から、
日本企業の経営を実学的に捉え、
日本の経営の特徴を全面的に検討する書です。

日本経営を学ぶにあたって参考になる本です。

<印象に残った一文>
「21世紀には低成長・ゼロ成長となり、従来の経営方法には大きな見直しが求められている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

MOS改革宣言

【送料無料】地球と共存する経営

【送料無料】地球と共存する経営
価格:1,890円(税込、送料別)

第1部 地球は無限という錯覚
(第三の経営の軸ーサステナビリティ/出発は「地球を食い尽くす」という危機感/サステナビリティをめぐる学問ー経営機軸として使えるのか? ほか)

第2部 サステナビリティに基づく経営指標を作る
(MOS指標作りの理想と現実/MOS指標「候補」への個別事業の当てはめ/MBAコースの管理手法(株主至上主義)とMOS ほか)

第3部 MOS指標を使ってみる
(「MOS」教育の重要性/MOS実績評価の考え方/MOSを使った三次元(四次元)経営)

未来を浪費する無謀な成長に終止符を打つ
新たな経営を理系経営者が大胆に提示する書です。

面白い切り口の経営書だと思います。

<印象に残った一文>
「生きるということは素晴らしい。科学にも大きな力がある。問題は生き方、あり方なのだ。つまり、私たちには道標がいるのだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

グローバル時代の日本企業生き残り戦略

【送料無料】勝つための経営

【送料無料】勝つための経営
価格:798円(税込、送料別)

第1部 日本企業を取り巻く現実
(何が起こっているのか/技術への幻想/外からはどのように見られているか/日本企業の生産性が低い理由)

第2部 日本企業の浮上を妨げる三つの枷
(成熟した企業組織が危ない/日本社会は企業に厳しいのか?/考え方が縮こまる日本)

第3部 これからの世界
(サムスンの次の手とは何か?/電気自動車の時代)

第4部 では、どうすればいいのか?
(戦略で負けるな/秘伝のタレを生かせ/やはり決定的なのは人と組織)

日本企業が技術、
品質を誇っている間、
世界の現実は大きく変わっていた…

「負け」を認めることから始まる日本企業復活の道筋。

ものづくりの世界を熟知するふたりが探る再生の道です。

世界の動きがよく理解できる書です。


<印象に残った一文>
「理想のイメージは海を回避する小魚の大群のような組織です。ここに独立しながらも共有知を持ち、環境の変化に合わせて有機的にサッと動くことの出来る組織こそが、これからのグローバル時代を元気に進んでいけるのです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

顧客満足と会社の利益を両立させる方法

目次は次のとおりです。

1章 お客様にまつわる大切なこと
2章 販促にまつわる大切なこと

3章 商品にまつわる大切なこと
4章 社長にまつわる大切なこと
5章 お金にまつわる大切なこと

6章 営業にまつわる大切なこと
7章 社員にまつわる大切なこと

たとえ電球1個でも、
ちょっとした困りごとでも、
呼ばれたらすぐに「トンデ行きます」

粗利率38.9%、
14期連続黒字、
無借金経営の小売店が日々何を考え、
何をしているのか?

顧客満足と会社の利益を両立させる方法が詰まった本です。

経営のあり方額してヒントを与えてくれる良書です。

<印象に残った一文>
「毎日やることだからこそ簡単でなければならない。そうでないと続けられない。」

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

改革実現の秘訣

目次は次のとおりです。

第1章 コンサルティングで会社を変える
(コンサルタントに期待するな?/コンサルタントは万能ではない ほか)

第2章 顧客の声よりも顧客の利益
(いきなりコンサルティングに入らない/経営診断で何をするか ほか)

第3章 コンサルタントとクライアントの共同作業
(プロジェクトが始まる/問題意識をぶつけ合う ほか)

第4章 成果志向のコンサルティング
(これからが本番/ビジネスモデルの具体化 ほか)/第5章 コンサルティングの究極の目的は?(1年半が経って/成果が出始める ほか)

経営改革の成否は、
あくまで会社が握っているのです。

コンサルタントに金を払えば会社が変わるなんて大間違いです。

本気で会社を変えたいあなたに教える改革実現の秘訣です。

コンサルで失敗している会社の理由をわかりやすく解いてくれる本です。

コンサルを活用しようと思う際には
是非とも読んでいただきたい一冊です!

<印象に残った一文>
「成功企業と失敗企業には、明確な違いがあります。成功企業は、コンサルティングの主役はあくまでクライアントで、クライアントが主体にコンサルタントを活用しています。逆に、クライアントがコンサルタントの言いなりだったり、コンサルタントに課題を丸投げしたりしているようでは、大きな成果を期待できません」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

新興国ビジネス最前線

目次は次のとおりです。

プロローグ マーケティング重視の韓国企業とモノ作り重視の日本企業

第1章 サムスン財閥
第2章 ヒュンダイ自動車財閥
第3章 SK財閥

第4章 LG財閥
第5章 韓国財閥の影
第6章 韓国の視点を生かしたグローバルビジネス

エピローグ 日本再生の鍵を握るアジア・グローバル人材

ここ10年足らずの韓国企業の躍進は、
かつて日本企業が世界に進出した時とは異なる特徴をもっています。

技術力も資金調達力も日本に及ばない韓国の武器は何なのか。

世界有数のグローバル企業となった
韓国四大財閥(サムスン、ヒュンダイ自動車、SK、LG)の強さの秘密を徹底的に分析します。

韓国企業の強みと弱み、
グローバル戦略と新興国ビジネスモデルの特徴など、
豊富な具体例で明らかにする書です。

韓国企業には学べる点と学べない点があります。

日本企業に欠けた情報や視点を提供することで、
日本経済の再興に資する本です。

<印象に残った一文>
「韓国企業の強みを日本企業との比較から分析する。韓国企業の経営スタイルはマーケットを重視する「マーケティング志向経営」と言えよう。これに対して日本企業は、技術を重視する「ものづくり志向経営」である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

明日から結果を出すための鉄則

経営は「実行」改訂新版

経営は「実行」改訂新版

価格:1,785円(税込、送料別)

目次は次の通りです。

改訂新版への序文
─危機に際して、実行をリセットする

第1部 なぜ実行が求められているのか
(誰も気づかないギャップ/実行がもたらす違い)

第2部 実行の構成要素
(構成要素その一─リーダーがとるべき七つの行動/構成要素その二─文化の変革に必要な枠組みをつくる ほか)

第3部 実行の三つのコア・プロセス
(人材プロセス─戦略・業務プロセスと連動させる/戦略プロセス─人材・業務プロセスと連動させる ほか)/おわりに─新しいリーダーへの手紙

「実行」こそ危機脱出の切り札!
戦略やビジョンも「実行」次第。

そのノウハウを経営のグルが解き明かした
「生きた経営の教科書」です。


実例が多く盛り込まれているのでとっても参考になると思います!


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

はじめの一歩

会社を経営するならこの1冊改訂3版

会社を経営するならこの1冊改訂3版

価格:1,890円(税込、送料別)


目次は次の通りです。

0章 起業家候補のあなたへ─起業の心構え
1章 会社を設立する、フランチャイズで独立する
2章 出資と融資と起業支援

3章 税務・会計と経営管理
4章 人を使うときのルールとマナー
5章 取締役・監査役と、株主総会についての実用情報

6章 知的財産と情報に関する営業戦略とリスク管理
7章 物・金に関する営業戦略とリスク管理
8章 会社を伸ばす株式公開・上場・M&A

9章 経営破綻する前の一般常識
付録 経営に役立つ契約書・規程集

起業・独立前後の心構え・基礎知識と、
創業・ベンチャーの支援情報書です。

知っておきたい会計・税務・労務の情報、
経営機構の落とし穴と対策。

知的財産・情報・物・金に関する営業的な戦略と
リスクマネジメント。

会社を伸ばすIPOと
M&A対策・減量経営・経営破綻の一般常識について満載です。


起業を目指す方には参考になる書です。


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

座標軸を失い漂う企業のマネジメントの問題点


エセ理詰め経営の噓(伊丹敬之著)
<日本経済新聞出版社>定価850円+税

目次は次の通りです。

第1章 日本企業とアジアの明日を考える
(素朴に考え、思い切って動く/リアリスティックな夢 ほか)

第2章 アメリカ経済は本当にもつのか
(バーナンキは大恐慌の専門家/ドルの時代の終わり ほか)

第3章 筋道の通った経営改革とは
(ゴーン改革の終わりの始まり/メーカーはやはり、技術 ほか)
第4章 危機を乗り越える経営
(一〇〇年に一度は本当か/ピンチはチャンス ほか)

世界金融危機を憂う前に、
筋の良い経営を実行すべき!

ノスタルジーに浸る前にリアリスティックな夢を示せ!

日本を代表する経営学者が、揺るがない視点で、

座標軸を失い漂う企業のマネジメントの問題点を
切り味鋭く一刀両断した書です。

企業経営の原理原則を説く書です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

人が動く最強人事活性化マニュアル

「社長、やりましょう!」と社員が言いだす経営(高橋那名著)
<H&I新書>定価952円+税

目次は次の通りです。

第1章 そろそろ、きっちりと経営設計したいのだが
(これまで会社のルールは社長の一存で決めてきたY社/カリスマ社長の会社から「われわれの会社」に変身したH社)

第2章 企業の求心力が失われている
(先代社長の急逝で部課長クラスの落ち着きが失われたW社/業容急拡大で社員の方向性がバラバラとなっていたT社)

第3章 活力ある企業にしたいのだが
(新たに企業文化をつくり上げる必要を考えたK社/下請けを子会社化して新社長となったものの…S社)

第4章 誰も教えてくれない企業のメカニズム
(人を活かすメカニズムを知る/組織が活きる「働き」を知る ほか)

会社は社長や幹部だけで経営されているのではないのです。

社員の想いを引き出し、高め、
企業の価値創造のパートナーとしてともに歩んでゆく姿勢こそが、
困難な時代を乗り切る原動力になるはずです。

厳しい経済状況の中、
六人の中小企業の社長たちが取り組み、
着実に成果を上げている経営改革の“実現”を紹介しながら、
今まで誰も教えてくれなかった会社経営の妙手を
スゴ腕コンサルタントが明快解説してくれます。

会社再生は今から始められるのです!

経営の神髄を感じられる書です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

経営の基本!

社長さん、会社を潰したくないなら、バカみたいに現金にこだわりなさい!(柳澤賢二著)
<クロスメディア・パブリッシング>定価1,500円+税

目次は次の通りです。

第1章 基本を知らないからダメなんですよ!
第2章 コストカットから入れ!
第3章 現金化にこだわれ!

第4章 いちかばちかの設備投資はやめておけ!
第5章 この制度で資金を調達しろ!
第6章 それでもダメならリスケしろ!

第7章 自己資本にこだわれ!
第8章 そして、売上にこだわれ!

この本には、
あなたの会社のキャッシュを最大化する

「攻め方」
「守り方」

が書いてあります。

経営の基本を再認識する本です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

タグ