村田の本棚からでタグ「野村克也」が付けられているもの

プロでも間違う「捕手の基本」

目次は次のとおりです。

第1章 高校生のうちに身につけるべき捕手の心得
(高校球児に伝えたい!キャッチャーにとって高校時代は非常に大切である/キャッチャーの条件1 キャッチャーは「筋書きのないドラマの脚本家」 ほか)

第2章 配球学・リード術(基礎編)
(プロ野球捕手事情1 嶋基宏も最初はヘタだった/プロ野球捕手事情1 大人しく真面目な中村悠平に求めること ほか)

第3章 配球学・リード術(上級編)
(配球の持つ意味1 「1球の根拠」を常に明確に/配球の持つ意味2 「強気のリード」と「勘違い」は紙一重 ほか)

第4章 日々の鍛錬と試合前の準備
(準備の大切さ キャッチャーなら「1日3試合」をこなすべし/チームづくり 正捕手育成はチームを挙げて行う ほか)

第5章 信頼されるキャッチャーになるために
(指導者との対話 教えられる前に考える/頭も口も稼働させる キャッチャーは黙っていてはいけない ほか)

プロでも間違う「捕手の基本」。
内角球の効果的な使い方、
カウント球・勝負球の選択、
“1球の根拠”を明確に、
“強気のリード”の落とし穴。
→バッターはキャッチャー心理を知れば打てるようになる!
いろいろな気づきを与えてくれます。

<印象残った一文>
「失敗のスポーツ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

我が愛すべきプロ野球選手たち 

目次は次のとおりです。

第1章 やっぱり、天才たちは変わり者だった!
(球界一の我の強さー金田正一/奇行が目立った天才バッターー榎本喜八 ほか)

第2章 型破りな選手たちが見せた野球への執念
(豪快に見えて実は繊細、二面性を持った変人ー江夏豊/バッティング職人という変人ー杉山光平 ほか)

第3章 球界に轟くあの「変人伝説」
(不平不満の塊なのに、なぜか憎めない変わり者ー江本孟紀/最もキャッチャーらしくない変人キャッチャーー田淵幸一 ほか)

第4章 突き抜けた変人は、もはや偉人だ
(野球技術より人間教育に特化した偉人ー川上哲治/非常識さが「伝説」となるほどの超人ー長嶋茂雄 ほか)

ノムラが見た、球史に輝く強烈キャラクター52人を選出!!
あの名選手たちの笑いと涙、超ド級の「変人伝説」を大公開!
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「人生は、全て手に入れることができないということだろう。人生とは不思議なものだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

心に留めておきたい事柄

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一流のリーダーになる 野村の言葉 [ 野村克也 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)


目次は次のとおりです。

第1章 新人を育てるための極意
(プロの世界に入ってしまえば、ドラフト1位も下位も関係ない/「お前は何のために生まれてきたんだ?」と問いかけよ ほか)

第2章 中堅を主軸にするための極意
(自己限定する人、現状で満足する人は絶対に伸びない/褒めてばかりでは人は育たない ほか)

第3章 ベテランをさらに活かすための極意
(組織のことを第一に考えられる人材にせよ/ベテランの理想型は、王、長嶋から学べ ほか)

第4章 トップになる者の極意
(優勝すること、それがよい監督の定義である/名監督には捕手出身者が多い ほか)

現代社会においてリーダーとして活躍するビジネスマンに対し、
1.ルーキーの育て方、
2.ミドルの育て方、
3.ベテランの育て方、
4.指導者の育て方、に分け、
それぞれの段階において心に留めておきたい事柄を、
自身の言葉で著した1冊です。
組織に生きる方にとって、役立つ情報が満載の本です!

<印象に残った一文>
「失敗や挫折、負けを経験し、悩み苦しみの中で、人は成長していく。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ビジネスマン必読の一冊!

「オレはいつも弱いチームばかり監督してきた」
南海ホークス、ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天ゴールデンイーグルス…。
チームがどん底の状態で監督を引き受け、辣腕を奮ってチームや選手を再生させてきた名将・野村克也氏。
なぜ、野村は負け癖のついたチームや選手の意識を変えて、戦う集団をつくりあげることができたのか?
その哲学を、「最強の組織をつくる方法」「リーダーの条件」「人材育成」などテーマ別にわけて、惜しみなく紹介してくれます。
「中心なき組織は機能しない」
「データが選手を説得する」
「信は万物の基となる」
「分を知って分を生きる」
「『和して動せず』を貫け」……、
その組織づくりの考え方はプロ野球のみならず、
ビジネスの現場にも応用できます。
野村流?組織論?の100 のエッセンスが満載です。
たくさんのヒントが詰まった本です!

<印象に残った一文>
「人はだれでも何らかの才能や素質を持っている。それを活かす場所が一人一人に与えられれば、組織には大きな力が生まれる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

野球ファン必携、野村本集大成の本格捕手論

目次は次のとおりです。

第1章 キャッチャーは監督の分身である
第2章 技術には限界があるが、頭脳に限界はない
第3章 捕手型人間とはー名捕手の条件

第4章 配球は応用問題である
第5章 私はこうして強打者を攻略した
第6章 キャッチャーの妙は駆け引きにあり

第7章 キャッチャー目線が激突した日本シリーズ
第8章 真のプロフェッショナルとして生きよ

いまのプロ野球界を見渡してみると、
大谷翔平、山田哲人、柳田悠岐など
選手個々の技術、運動能力、体格とパワーは相対的に進化したかもしれないが、
野球の大きな特徴である、一球一球の「間」が生かされていないことで、野球が面白くなくなってしまっていると野村氏は言います。
「間」を使い、一球ごとに移り変わる状況と選手・ベンチの心理状態を考慮し、
最善の作戦を考え、適材を適所に配し、実行する。
そこに野球というスポーツの本質はあり、
だからこそ、弱者が強者を倒す意外性が生まれるのだと。
なぜそうなってしまったのか?
大きな原因は、名捕手と呼ばれるキャッチャーが少なくなったことにあると野村氏は断言します。
野球界のためにキャッチャーのすべてを語った書です。
一方、野球のダイヤモンドは「社会の縮図」。
9人の選手たちがそれぞれ違う役割と責任を果たすことで支え合い、助け合い、有機的に結びつきながら、ひとつの目標達成に向かっています。
その要の役割を担うのがキャッチャー。
組織においての捕手的人間の重要性を説く、リーダー論でもあります。
「生まれ変わっても、私はキャッチャーをやりたい」という野村氏の、最初で最後の本格捕手論は、組織についての多くのヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「光は陰があってこそ光」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

危機を迎えるプロ野球への警鐘

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

俺の苦言を聞け! [ 野村克也 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/8/12時点)


目次は次のとおりです。

第1章 人間教育ができていない
(野球賭博事件がもたらした衝撃/変わり果てた巨人の伝統 ほか)

第2章 日本人エースたちへの苦言
(マー君は入団当初からメジャー行きを計画していた/原点能力の高さは図抜けていた ほか)

第3章 なぜ大リーグをめざすのか
(日本のプロ野球が空洞化していく/ケタ違いに強かったヤンキース ほか)

第4章 プロ野球はどこへ向かうのか
(外野手出身の監督でいいのか/努力を続ければ必ず見ている人がいる ほか)

清原、賭博、巨人、人を育てぬ球界にモノ申す。
危機を迎えるプロ野球への警鐘を鳴らします。
ノムさん節炸裂の本です!

<印象に残った一文>
「勇気を失うことは、すべてを失うことである。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「変化」は「勝負」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

師弟 [ 野村克也 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)


目次は次のとおりです。

第1章 プロセス重視
第2章 頭脳は無限

第3章 鈍感は最大の罪
第4章 適材適所

第5章 弱者の兵法
第6章 組織

第7章 人心掌握術
第8章 一流とは

プロセスなき成功は、失敗よりも恐ろしい。
無欲は、究極の欲。感性とマイナス思考は比例。
「変化」は「勝負」。
負けたと思わなければ勝利につながる。
チームが先か、個が先か。
三流は無視、二流は賞賛、一流は非難。
胸ぐらをつかむか、襟首をつかむか…
仕事がわかる。
野球がわかる。
そして人生がわかる。
色々なヒントが詰まった本です。

<印象に残った一文>
「先入観は悪、固定観念は罪」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

夢をつかむ「言葉の力」

言葉一つで、人は変わる [ 野村克也 ]

言葉一つで、人は変わる [ 野村克也 ]
価格:950円(税込、送料込)

目次は次のとおりです。

第1章 たった一言が、その人の人生を変える
(言葉の裏に何があるかが一番大事だ/カラを破れずにいる人への言葉「進歩とは変わることだ」 ほか)

第2章 「問いかける」ことで人は伸びていく
(「指導」ではなく「問いかけ」で人は伸びる/潜在能力を引き出す問いかけ「君はどうなりたいんだ」 ほか)

第3章 運命を変え、夢をつかむ「言葉の力」
(基礎を身につけようとする人への言葉「平凡なことを繰り返すことが、非凡を生む」/目標を見失っている人への言葉「まず、自分を知りなさい」 ほか)

第4章 一人でも部下がいたら知っておく指導者の言葉
(ミーティングをする際に心に留める言葉「感情を動かす言葉だけが、人を動かす」/指導をする人が常に忘れてはいけない言葉「相手より先に、答えを言ってはいけない」 ほか)

「野村再生工場」を可能にしたのは「言葉の力」だった!
「言葉」がその人の考え方を変え、行動を変え、ひいては習慣を変え、ついには人生をも変える…
個々の能力を伸ばし、組織を強固にする知将の「言葉」へのこだわりをすべて明かす書です。
野村マジックの秘密が垣間見れます!

<印象に残った一文>
「すべての始まりは「感じる力」なのだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

脳裏に焼き付くあのシーン

目次は次のとおりです。

第1章 長嶋と王、その素顔
第2章 名打者たちの名ゼリフ、名ドラマ
第3章 名投手たちの知られざる素顔

第4章 名監督たちの舞台裏
第5章 プロ野球、水面下の戦い
第6章 これだけはボヤいておきたいこと

第7章 なつかしくもほろ苦い阪神、楽天時代の話
エピローグ

野球界を知り尽くしたノムさんだからこそ語れる、
球界のスターたちの名(迷)場面。
往年の水原茂監督から、
長嶋茂雄、王貞治はもちろん、
星野仙一、田淵幸一、掛布雅之、落合博満ら、
かつての名選手に加え、
岩隈久志、田中将大ら楽天時代の教え子にも言及します。ノムさん流スーパースター列伝です。
スーパースターの素顔に迫る書です。

<印象に残った一文>
「火事場の馬鹿力」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

現代リーダー考

【送料無料】監督の器 [ 野村克也 ]

【送料無料】監督の器 [ 野村克也 ]
価格:903円(税込、送料込)

目次は次のとおりです。

第1章 名将は不要か
第2章 組織はリーダーの力量以上に絶対、伸びない
第3章 中心なき組織は機能しない

第4章 知略と知略の心理戦
第5章 捕手革命
第6章 監督は「気づかせ屋」である

百戦錬磨の名捕手、
名監督として6000試合出場の世界記録となる体験的野球哲学を、
77年にわたるプロ野球史と同じ歩みをたどった著者が、
万感の思いを込めて物語る現代リーダー考です。

リーダーの役割を学べる本です。

<印象に残った一文>
「主役ばかり集めても物語は成立しない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

『野村ノート』の集大成

【送料無料】オレとO・N [ 野村克也 ]

【送料無料】オレとO・N [ 野村克也 ]
価格:1,680円(税込、送料込)

目次は次のとおりです。

第1章 長嶋との不思議な縁
第2章 ライバル、王貞治
第3章 ONとの日本シリーズ

第4章 ONとのヨーロッパ旅行
第5章 一流は一流を育てる

第6章 監督になってからも続いた戦い
第7章 ONとは何だったのか、ONに代わるのは誰か?

永遠のライバルONをここまで語った!
そして、ONに代わるのは誰か?
『野村ノート』の集大成です。
野村氏の心情がよく分かる本です。

<印象に残った一文>
「私もONがいたからこそ、自分の力を最大限に引き出すことができた。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

野村克也の人生論

【送料無料】この一球 [ 野村克也 ]

【送料無料】この一球 [ 野村克也 ]
価格:1,000円(税込、送料別)

目次は次のとおりです。

己ー敵を知り、己を知る
努力ー継続と蓄積は最大の強みである
人格ー人間的成長なくして技術的進歩なし
器ー人間学なき者にリーダーの資格なし

知ー才能は学から生まれる
運命ー運を呼び込める人間になれ

運命を変えるもの、運命を強くするもの。
それは「この一球」に臨み行動する覚悟にほかならない。

自分自身の生き方を深く考えさせられる本です。



<印象に残った一文>
「本気になると世界が変わってくる。自分が変わってくる。変わってこなかったらまだ本気になっていない証拠だ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

観戦力が高まる本

【送料無料】野球のメキキ [ 野村克也 ]

【送料無料】野球のメキキ [ 野村克也 ]
価格:1,200円(税込、送料別)

目次は次のとおりです。

1 ルーキー
ー野村祐輔、藤岡貴裕はプロで成功できるのか

2 監督
ー「静の真弓」から「動の和田」に替わり、阪神は復権する

3 捕手
ー4番・阿部慎之助は、成功すれば大きな財産になる

4 投手
ーソフトバンクが失った「43勝」はどのように埋めるべきか

5 打者
ーなぜ巨人の得点能力は低いままなのか

6 新戦力
ー「未来創造能力」が見えない楽天の場当たり的な補強

7 フロント・コーチングスタッフ
ー横浜DeNAのフロントが、まず最初にすべきこと

8 球界
ー予告先発、統一球、そしてダルビッシュ有について

名将・ノムさんが目利きの真髄を伝授します!

選手・監督・球団の公開査定はとっても興味深いものがあります。

ビジネス上でも活用できるエッセンスが詰まった本です。


<印象に残った一文>
「困難は克服するためにある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

誰も知らない“あの真相”

目次は次のとおりです。

序章 プロ野球は大丈夫か?
(ナベツネ・清武の乱/落合解任 ほか)

第1章 プロ野球を変えた重大事件
(“ON砲”ならぬ“NN砲”が誕生していた?/三〇万円の正体 ほか)

第2章 誰も知らないあの事件の真相
(メジャー相手に史上初の完封勝利/年間本塁打記録更新 ほか)

第3章 プロ野球場外乱闘
(“ムース”の名づけ親はW.メイズ?/ビールかけのルーツは南海にあり ほか)

第4章 野村流プロ野球改革案
(巨人の凋落/もはや威厳も風格も感じられない ほか)

巨人の反乱、
監督解任、
新規参入…

“あの事件”の真相のすべてが分かる本です。

野村節炸裂で、プロ野球界の内情を暴きます!
プロ野球ファンにはたまらない本です。

<印象に残った一文>
「野球は文化的公共財」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

ノムラの考え

【送料無料】理想の野球

【送料無料】理想の野球
価格:777円(税込、送料別)

目次は次のとおりです。

第1章 2011年レギュラーシーズン公式戦
第2章 2011年クライマックスシリーズ
第3章 2011年日本シリーズ
第4章 2007年~2010年日本シリーズ
第5章 特別編・楽天、高校野球、イチロー

野村克也氏の「ぼやき」は、
理想と現実のギャップから生まれます。

捕手、監督として、
試合に勝つための理想を追い求めてきたからこその苦言なのです。

「打撃は備えで8割決まる」
「直球は二段構えで備えよ」
「ボールカウントの性質を弁えよ」
「適材適所は才能集団をしのぐ」…。

普遍的な教訓と魅力的なエピソードに満ちた
『サンケイスポーツ』の試合評論、
「ノムラの考え」を書籍化した書です。

田中将大やダルビッシュ有の分析、
落合釆配やイチローへの批評も掲載してあります。

「誰にも負けない評論」を心がけてきた著者の注力が結実した本です。

野球の奥深さに驚くとともに
ビジネスにも役立つ情報が満載の実用本です!


<印象に残った一文>
「目あき千人めくら千人、ということわさがある。物事の道理が分かる人もいればわからない人もいる」

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

わたしが見抜いた意外な長所・短所

【送料無料】野村の見立て

【送料無料】野村の見立て
価格:1,200円(税込、送料別)

目次は次の通りです。

1 ルーキーの見立て
ー斎藤佑樹がプロで成功するために必要なもの
2 捕手の見立て
ー私が城島健司を酷評した理由

3 監督の見立て
ー星野仙一は楽天で成功できるのか

4 新戦力の見立てーなぜ巨人は毎年外国人獲得に失敗するのか

5 打撃陣の見立て
ー私の現役時代と重なる、T-岡田の大不振

6 投手陣の見立て
ー攝津正の配置転換は、先発陣に刺激を与える

7 フロント、コーチング・スタッフの見立て
ー「10年先」を見据えるヤクルトの優秀な編成陣

8 球界の見立て
ープロ野球の近未来を考える

全12球団、
選手・監督・フロントの超“激辛”通信簿です。

ちょっと辛口の野村節が冴え渡る本です。

ビジネスマネジメントにも十分応用できる本です!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。


体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

最強の人材育成バイブル

負けに不思議の負けなし 下巻(野村克也著)
<朝日文庫>定価500円+税

目次は次の通りです。

リーダーになれる人間、なれない人間
成功体験に潜む落とし穴
熟年開花型人間の使い方

頼りになる部下はこうして見抜け
部下から見透かされるとき
プライドが高きゆえに尊からず

脇役の仕事を見きわめる
組織の凋落はこうして始まる

負けに不思議の負けなし
かけひきにはコツがある〔ほか〕


監督の手腕は人間をどう生かすかにかかっています。

将棋に例えるなら、
「歩」を「金」にして初めて評価されるのです。

野村再生工場と呼ばれた著者が、
選手をやる気にさせた方法を、
自らの体験をもとに分かりやすく解説した、
最強の人材育成バイブルです。

森祇晶監督との対談も収録してあり面白いです。


人材育成に悩む方には、役立つヒントが満載です!1

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

人材活用法やリーダーシップ論

負けに不思議の負けなし 上巻(野村克也著)
<朝日文庫>定価500円+税

目次は次の通りです。

「負け」を「負け」にとどめてはいけない
一流になるために破らなければならない壁
わざと打たれる理由

新人教育のノウハウ
さりげないひとことが効く
定石と奇襲の差

自信と不安は背中あわせだ
マーケティングを怠る球団の末路

スパイ野球を持ち込んだ知将
息長く一流でいるコツ〔ほか〕

負けには、必ず負けた理由がある。

だからその原因を検証し、
次に備えることが大切だ。

弱小と言われるチームを常勝軍団に育て上げてきた名将が、
強い組織を作る秘訣を明かします。

そこには、ビジネスに対応できる
人材活用法やリーダーシップ論があったのです。


マネジメントや経営に役立つ情報が満載の本です。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

野村流必勝の人材育成論・組織論

弱者の兵法(野村克也著)
<アスペクト>定価1,429円+税

目次は次の通りです。

序章 日本の野球はベースボールを超えた
第1章 プロフェッショナルとは何か?
第2章 全知全能を懸けてこそ弱者は強者になる

第3章 指導者の役割とは何か?
第4章 「無形の力」が弱者を勝利に導く
第5章 人間教育が真に強い組織の礎を成す

人間的成長なくして技術的進歩なし。
人間の最大の罪は鈍感である。
中心なき組織は機能しない。

野球界の名伯楽が具体的に明かす
プロの人材育成・組織作りの奥義です。

著者の理論は野球にとどまらず、
企業運営やキャリアプランニングにも本当に役立つと思います。

ビジネスの世界でもきっと一流になれたと思う
著者の理論は読んで損はありません!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

タグ