村田の本棚からでタグ「長谷川慶太郎」が付けられているもの

長谷川慶太郎の大局を読む 緊急版

目次は次の通りです。

第1部 日本の難題
(東京オリンピック後ー安倍政権倒れて新政権誕生/日本の株価ー「適温相場」崩壊でこうなる/憲法改正ー統帥権は首相ではなく天皇/核保有ー北朝鮮の動向次第/天皇制ー男系より存続優先 ほか)

第2部 これからの世界の政治と経済
(アメリカー成果を上げ始めたトランプ政権/中国ー習近平一強体制は何を狙っているのか?/ヨーロッパー現状打破が迫られる独英露)

「2018長谷川慶太郎の大局を読む」では日本人の誰も予測しえなかった10月解散総選挙、自民大勝を予測。
国外では王岐山の常務入りを除けば習近平の独裁の強化、メイ英首相の無策ぶり、欧州ポピュリズムの再胎動とメルケル独首相の苦悩を予測。
中でも圧巻は米国の企業減税が議会で可決されさらに米国経済は上向くという判断。
で、今回は世界の大潮流を踏まえ日本の今後の問題点、オリンピック後経済、2025年問題、安倍政局等を読み解きます。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「今回の東芝問題は、日本の銀行には度胸がないことを改めて露呈したと言える。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「トランプ砲」は恐れる必要なし

目次は次のとおりです。

第1章 なぜ「トランプ大統領」を予見できたか
第2章 日本企業は「トランプ砲」を恐れる必要なし
第3章 ヨーロッパでも「トランプ現象」が続出する

第4章 習近平もプーチンも「トランプの世界」が見えていない
第5章 「トランプ政権」次第で身動きが取れなくなる北朝鮮
第6章 デフレ下で完全に行き詰まった韓国/第7章 デフレ対応を終えた「日本」を世界が見倣う

保護貿易を掲げるアメリカ、
金融危機前夜のヨーロッパ、
軍事的覇権拡大をやめない中国、
一触即発の朝鮮半島…。
それでも日本が安泰なのはなぜか?
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「デフレ時代の国民は「買い手に有利」な政治体制を求める。その流れが世界中に広がっている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

世界はこう動く国際篇

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

日&米堅調EU&中国消滅 [ 長谷川慶太郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/8/10時点)


目次は次のとおりです。

第1章 流出が止まらない「中国の資本」
(ダボス会議での黒田総裁の発言が意味しているもの/SDRをめぐる中国政府の資産逃避と資本規制のジレンマ ほか)

第2章 深刻度増すヨーロッパ経済
(中国が支えたリーマン・ショック後の世界の景気/セレモニー化していく多国間の首脳会議や経済会議 ほか)

第3章 混乱を恐れ中国をゾンビにした国際社会
(中国への反発を強めている東南アジア諸国の人々/固定資産投資が続かなければ中国共産党体制が崩壊する ほか)

第4章 日米関係は世界経済の基軸
(景気がしっかりしているアメリカが持っている強味/株高に引っ張られて景気がよくなるのがアメリカ経済 ほか)

第5章 一触即発の危機を迎えた東アジア
(虚勢を張れば張るほど国際的な孤立が深まる金正恩書記/北朝鮮の核ミサイルの脅威に最もさらされているのは中国 ほか)

世界の主役に躍り出た日本が為すべきこと。
好不況二極分解する世界経済のトレンドをつかむ上で、参考になると思います。

<印象に残った一文>
「チャイナリスクは中国の政治体制の崩壊に繋がる思っています。恐らく2020年まで中国は持ちません。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

今後の世界の流れ


目次は次のとおりです。

第1章 中国経済大崩壊が始まった
(火を見るより明らかな中国経済の大失速/暴落する中国株価/歪な中国の経済構造/覇権を目指す中国共産党の最後の賭け)

第2章 叩きのめされる韓国
(中国に依存する韓国経済/韓国は日本を無視しては成り立たない/韓国最悪のシナリオは北朝鮮の崩壊だ)

第3章 アメリカはこう動く
(今後も強いアメリカ経済が続く/アメリカ経済を牽引する「シェールガス革命」/揺るがないアメリカの軍事的優位)

第4章 ヨーロッパの経済危機は続く
(パリ同時多発テロの経済的衝撃/まだまだ続く経済危機との闘い)

第5章 日本経済の今後の課題
(アベノミクスの成功は制度改革にかかっている/日本は技術立国を目指そう/世界的なデフレ傾向の中でも強い日本経済/日本の安全保障問題はどう考えるべきか)

世界が自由主義・民主主義・市場経済というグローバリズムで動く中、
中国の大崩壊、そしてそれを発端とした韓国経済の破綻が目の前に迫っています。
2016年を迎えた中国・韓国は、もはや「反日」を捨て、協調路線を模索するしかないところまで追い込まれます。
またEU諸国の凋落は留まるところがなく、混乱は続きます。
結局、世界経済を牽引していけるのは、日本とアメリカだけなのです。
その構造は今世紀いっぱい続くことになるのです。
その理由とは?
今後の潮流を読む上で参考になる書です。

<印象に残った一文>
「あらゆるものが過剰供給になった状態が続く中ではデフレが続くのが自然他の状態。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

現状の世界の政治経済の実情および展望

米国利上げで浮かぶ国、沈む国。
IS不況のヨーロッパ。
好調な米国、堅調な日本が世界を牽引する…。
現状の世界の政治経済の実情および展望を詳述する書です。
今後の潮流を読む上で参考になる書です。

<印象に残った一文>
「中国経済について言えば、極めて悪くなっているのは確かだ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

日本経済がますます強さを発揮する理由

目次は次のとおりです

第1章 ついに崩壊を始めた中国バブル
第2章 (中国政府が打ち出すなりふり構わぬ株価維持政策/金融当局が開始した株価急落原因の「犯人捜し」/およそ八〇〇〇万人いる個人投資家たちが破産する ほか)

第3章 燻ぶりつづける「ギリシャ危機」
(かくしてギリシャ問題は当面の危機を脱した/財政改革法の実行を世界の融金当局者が注視/現金が不足して買い物も難しくなり、市民は物々交換で日常をしのいだ ほか)

第4章 それでも「日本の大繁栄」は揺るがない
(大英帝国をも動かした「日本の信用力」/近代日本のイノベーションを今こそ再評価せよ/技術貿易でも大きく儲ける日本 ほか)

原油価格低落もテロリズムも、日本経済を揺るがしはしない! 
日本経済がますます強さを発揮する理由を明らかにし、その未来図を描く書です。
色々な気づきを与えてくれます。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

まだら模様の世界経済の行方を分析

毎年恒例の「大局を読む」。
百年に一度の北朝鮮の大干ばつ。
崩壊寸前の金正恩政権と北の難民流入で経済破綻を恐れる韓国。
一国二制度を無視して香港ドルを人民元に統合を試みる習近平政権。
香港消滅、半島国家の破綻を尻目に好調な経済を持続する日米。
その米国が2015年度中に利上げをする。
金利高の米国に新興国の資金が流れ低迷するBRICSの経済に大打撃を与える。
ギリシャ危機を克服(?)したユーロ。
今後の世界の流れを読む上で、参考になる書です。

<印象に残った一文>
「今後もアメリカを先頭にして日本、ドイツが世界経済を引っ張っていくという構図に変わりはない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

企業のここを見よ!

目次は次のとおりです。

序章 世界を読み、日本経済の先行きを探る
第1章 経営者が代わればもっとよくなる日本経済と株価
第2章 経営者を読めば株価がわかる

第3章 経営者も淘汰される時代。そして新浪モデルの誕生
第4章 まだまだいける日本企業の株価を読む
終章 肝に銘じておきたい長谷川流「投資必勝法」

経営から見た日本の未来。
日本型経営を震撼させる新浪モデルの誕生!
日本経済の今後を考える上で参考になります。

<印象に残った一文>
「株式投資という仕事はまことに「泥臭い」ものである。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

2015年日本経済が向かう先をズバリ指摘

目次は次のとおりです。

第1章 世界経済を読む1-世界的なインフラ再整備の時代がやってきた(経済はなぜインフラで激変するのか?/パナマ運河の拡張計画で海の物流が激変する ほか)

第2章 世界経済を読む2-エネルギー安全保障が世界経済を決める
(エネルギー政策は国防の要である/シェール革命で日本の原発政策も変化していく ほか)

第3章 世界経済を読む3-北朝鮮、中国崩壊が世界経済に与えるインパクト
(中国のヤミ金、シャドーバンキングという怪物/シャドーバンキングの破綻は国家崩壊につながる ほか)

第4章 2015年以降の投資を展望する
(アジア進出は「水」「下請け」が大問題!?/中国から逃げる外国企業 ほか)

第5章 投資家脳を鍛えて未来を自ら読む方法
(地図を読むと世界の経済が見えてくる/工場見学は投資判断の最高の材料だ! ほか)

2015年日本経済が向かう先をズバリ指摘!
頭のいい投資家はどう考えているのか?
知らなければ損する近未来の世界経済。
今後の潮流を読む上で参考になります。

<印象に残った一文>
「北朝鮮崩壊の危機は最短で2015年である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「B to B」、そして「B to G」へ

目次は次のとおりです。

第1章 「アベノミクス信任」で大復活する日本
(アベノミクス批判ばかりで対案がまったくなかった野党/飯島勲内閣官房参与のシナリオ通りに事が運んだ ほか)

第2章 いよいよヤバイ韓国経済
(POSCOは新日鐵との裁判で負けるとわかっている/日本製レールがなければ世界中の鉄道が動かない ほか)

第3章 「中国崩壊」はカウントダウンに入った?
(中国政府が国際金融資本の信用を失い、キャピタルフライトが本格化する可能性も/造船業が壊滅状態でもシッピング・ローンが組めない ほか)

第4章 二〇一五年の世界経済と日本経済はこうなる
(原油価格下落をめぐる国際社会のせめぎ合い/シェールオイル採掘にはプラスとマイナスの両面がある ほか)

第5章 日本なしでは動かないグローバル経済
(日本のインフラ輸出額は二〇一二年の三倍となる九兆円に/インフラやプラント分野では世界全体が日本に頼るしかない ほか)

国内生産への回帰、
インフラ輸出の拡大、
特許ビジネスの急増。
「日本大復活」が始まった!
世代を超えた両論客が読み解く“新・世界秩序”
今後の潮流を読む上で参考になります。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

歴史を役立てて、未来を予測する

目次は次のとおりです。

第1章 20世紀、二度の大戦と世界の変容
(19世紀の戦争と20世紀の戦争の違い/民族国家の誕生が新たな戦争の火種を生む ほか)

第2章 冷戦と現在に続く対立のはじまり
(第三次世界大戦の勃発を確信していたスターリン/市民の3割近くが犠牲になったレニングラード包囲戦 ほか)

第3章 中国と北朝鮮、その成り立ちから現在
(国共内戦により誕生した中華人民共和国/日本の運命を変えた朝鮮戦争の勃発と特需 ほか)

第4章 東アジアと日本の未来
(日本にすり寄る北朝鮮/張成沢氏の粛清事件が意味するもの ほか)

20世紀は、苛烈な戦争の世紀でもあった。
二度にわたる未曽有の世界大戦、
そして国家総力戦としての「冷戦」。
こうした過去の戦争がなにを発端とし、
どのような経緯でいかにして終わったのか。
これを正しく理解することで私たちは失敗を避けるための賢明な選択ができる。
残念ならが学校で教わるような暗記主体の歴史教育、
記憶力を問うテストでは、歴史の大局観を養うことはできない。
いまを生きる私たちにとって意義があるのは、
歴史の大きな流れをつかみ、
その背景を丹念に読み解くことにほかならないからだ。
「歴史を役立てて、未来を予測すること」
そのための必須教養を伝授する書です。
今後の潮流を読む上で参考になる書です。

<印象に残った一文>
「近い将来、中国に見捨てられた北朝鮮は崩壊し、半島は大混乱に陥るでしょう。そしてその2年以内に経済的な苦境から中国も互解し、内乱が始まります、」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

最新情報!

目次は次のとおりです。

第1章 国債暴落でハイパーインフレになるのか?
(日銀の量的緩和と日本国債との相関関係/二年目のアベノミクスを取り巻く経済情勢/投資家は金融商品にどう対応すればいいか?/注目すべき日本企業の現状と今後)

第2章 好調アメリカ経済の光と影
(上昇気流に乗ったアメリカ経済/量的緩和とゼロ金利を終了する時期)

第3章 軍事専門家から見た北朝鮮・ウクライナ・中東
(とまらない北朝鮮崩壊へのカウントダウン/これだけは知っておきたい集団的自衛権と自衛隊の海外派兵/ウクライナ危機で欧米とロシアはどこまで対立するか/ゲリラとの戦いになっている中東紛争)

第4章 中国と韓国の超最新動向
(経済危機と権力闘争が中国崩壊を早める/サムスンが変だ!国も企業も試練に直面する韓国)/第5章 停滞続く新興国とEU(資源価格が下がって苦しむ新興国/ヨーロッパ諸国と好調ドイツ)

「日銀の異次元の金融緩和が2014年に終了したら
国債暴落やハイパーインフレが起こる」説のおおきな間違い。
上昇気流に乗ったと断言してもいいアメリカ経済が
量的緩和とゼロ金利を終了する時期はいつ?
今後の動きを考える上で、参考になる書です。

<印象に残った一文>
「2015年も、アメリカ、日本、ドイツが三頭立ての馬車のように世界経済を引っ張っていくという構図に変わりがない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

長寿論

目次は次のとおりです。

第1章 「歩くこと」の効用を知る
第2章 歩く習慣をつける前の私
第3章 歩いてみえてきた新しい世界

第4章 私の性格と「歩くこと」からの気づき
第5章 安全かつ快適に歩くための準備や環境づくり

第6章 一日の生活、どんなものを食べているか
第7章 情報も人脈も動けば出会う
終章 五〇代からの人生は歩いて考える

心筋梗塞からの生還。
86歳。
現役最年長の国際エコノミストによる初めての長寿論です。
実体験に基づくアドバイスには力があります。

<印象に残った一文>
「歩くことは衰えをゆるめ、長生きのための健康に役立つ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

日本はこう激変する

目次は次のとおりです。

第1章 日本ー大転換するこの国のかたち
(TPP参加と日本農業と水産業の今後/二〇二〇年東京オリンピックでインフレは起こらない/長期政権となる安倍政権の来し方行く末/日本企業が担うシェールガス革命)

第2章 アメリカー好調経済に水差すレイムダック・オバマ
(量的緩和縮小への転換/混迷するアメリカ政治/オバマケアとリベラル政治の限界)

第3章 中国&新興国ー量的緩和縮小で波乱要素一杯
(揺らいできた中国の内部/シャドーバンキングを経営する人民解放軍/中国経済が破綻したら日本経済はどうなる?/経済が落ち込む新興国)

第4章 ユーローメルケル功成りて他国は枯れる
(ユーロ圏の経済停滞の現状と今後の展開/ヨーロッパに君臨する第四帝国)

オリンピックで超拡大する東京と地方の格差、
必ず失敗するリニア、
TPPで農協崩壊、
米の量的緩和縮小で一番ダメージを受ける中国…。

2014年はもちろんのこと、
2015年までの世界と日本の動向を見通す書です。

世の中の動きを感じられる書です。

<印象に残った一文>
「習近平は、シャドーバンキングを潰すぞと脅しをかけて人民解放軍をコントロールすることに成功したといえる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

アベノミクスの後、日本は何をなすべきか?

目次は次のとおりです。

第1章 アベノミクスは成功するか
(「デフレからの脱却」を成し遂げた高橋是清/五年で二・五倍の円安を実現する ほか)

第2章 世界的な大デフレの時代に何が起こるのか
(戦争のない時代はデフレ基調にならざるを得ない/十九世紀の大デフレ時代に世界で何が起こったか ほか)

第3章 超大国アメリカが復活する
(二十一世紀はガスの時代になる/天然ガスの貿易でアメリカに勝てる国はない ほか)

第4章 中国は間違いなく崩壊する
(ステルス戦闘機のテストフライトを知らなかった胡錦涛/ミャンマーはなぜ中国寄りの態度を変えたのか ほか)

第5章 日本の活路はどこにあるのか
(日本もアメリカも互いに頼らざるを得ない関係/技術貿易で日本は一兆九千七百四億円の黒字 ほか)

激変する世界の底流を読み解き、
日本の生き残る道を大胆に提言する書です。

超大国アメリカの復活の実態!
中国はこうして解体・崩壊する!
EUは経済でドイツに支配される!

アベノミクスの後、日本は何をなすべきか?

これからの日本の進路を考える上で参考になります。



<印象に残った一文>
「日本が家電で稼ぐ時代は終わった。一方、大型の発電機等の重電は新興国が手の出せない分野である。従って、重電にウエイトをおいた経営をやればいい。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

いまの日本は勝者か敗者か

目次は次のとおりです。

序章 これまでの百年 これからの百年
第1章 「十九世紀の終わり四半世紀」という時代
第2章 物価下落の恩恵

第3章 技術革新の本格化
第4章 日本はなぜ近代化に成功したか
第5章 これまでの百年の総括

第6章 これからの百年を考える
第7章 百年の成果と遺産
第8章 二十一世紀を生きるには

世界の大勢を先取りできるか。
無残な衰退の道を歩むか。
日本の運命を決める、著者会心の書です!
歴史の変遷がよくわかる書です。
これからの日本の道筋が見えてきます。



<印象に残った一文>
「新しい情勢の変化に直面しており、どの国の政府も必死になっている。その変化に対応する目的で、徹底した自己改革を推進しなければならず、そのことを認識して自己改革に努力しようとしている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

大激動の真実を知れ!

目次は次のとおりです。

序章 尖閣危機は日本の勝利
第1章 破綻に向う中国経済
第2章 日中衝突を避けたい中国

第3章 どうなる朝鮮半島情勢
第4章 大きく変わる日本の行方

第5章 明暗の分かれる欧米経済
第6章 デフレ経済の象徴、LCC(格安航空会社)に学べ

日中衝突を避けたい中国、
清廉潔白な大統領が誕生した韓国と
国土の荒廃が止まらない北朝鮮、大きく変わる日本。
国際エコノミストの長谷川慶太郎氏が、
アジアの行方を綴る書です。
中国の国内事情がよくわかる本です。

<印象に残った一文>
「人民解放軍の下に共産党があるのです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

崖っぷちの日本経済

経済の歴史や本質から見れば、
「アベノミクス」の考え方は明らかに間違っている。
今のタイミングで過剰な金融緩和をやってはいけない!
崖っぷちの日本経済をめぐり、
長谷川慶太郎が気鋭のエコノミストと激論を交わす書です。
一つの考え方として参考になります。

<印象に残った一文>
「経済の本質や歴史から見れば、「アベノミクス」」の考え方は明らかに間違っています。今のタイミングで過剰な金融緩和はやってはいけない。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

2012年世界はこう変わる

目次は次のとおりです。

第1章 米国はこのまま凋落するのか!?
(デフレ時代の株価軟調と国債への資金流入/世界のエネルギー革命を主導するシェールガス ほか)

第2章 ユーロ圏の金融危機の内情をえぐる
(離脱するのはギリシャなのかドイツなのか/何としても財政赤字削減に取り組まなければならない)

第3章 「中華人民共和国崩壊」に備える米国
(やはり大事故を起こした中国の高速鉄道/北朝鮮が核実験を行えば東アジアに危機が訪れる)

第4章 ユーロに加盟したいロシアと中東諸国の今後
(現状打開に苦しむ新興国はどうなるのか/民主化で中東に長期の平和がもたらされる)

第5章 「日本改造」残された時間はあと一年
(新しく発足した野田政権の最優先課題はやはり財政赤字削減/「良い円高」と「悪い円高」を見極める ほか)

増税だけならば日本沈没、
米国救うシェールガス、
したたかドイツ‘帝国’の権謀術数、
中国経済断末魔他、
2012年世界はこう変わる。

正直、?の部分もありますが、今年を占う上で参考になる書です。

<印象に残った一文>
「もはやインフレ時代は完全に終わったのである。20世紀が戦争と革命の時代だったとすれば、21世紀はそれと正反対の平和と安定が長期化する時代だ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。

「ポスト経済危機」の驚くべき世界

日本は「掃き溜めの鶴」になる(長谷川慶太郎著)
<PHP>定価1,400円+税

目次は次の通りです。

第1章 経済危機の本質を見誤っていないか
第2章 デフレとは何か
第3章 二十世紀の特徴─戦争と革命が連続した時代

第4章 二十一世紀の世界─インフレからデフレへの転換
第5章 日本の先駆性─戦後の改革とその成果
第6章 日本経済の「不況抵抗力」

「世界デフレ」で物価は半減。

それでも日本経済は繁栄する。

現場主義のエコノミストが描き出す
「ポスト経済危機」の驚くべき世界です。


日本経済の光明を感じさせる本です!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

タグ