サービスNO.1への道でタグ「8月13日」が付けられているもの

本来は旧暦7月13日ですが、
明治の改暦後は、
多くの地域で月遅れの8月13日に行われます。

今日からお盆休みに入られる方も多いかと思いますが
先祖のことを思ってみるいい機会なのではないかと思います。

個人的には、今日1日
“温故知新”という言葉を大切にしてみたいと思います。

(今日のひと言)
時には先祖のことを考えてみよう!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

体のことについていろんなアドバイスをしてくれるブログです。


昨日からお盆に入りましたが、お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言って
7月13日から16日までの期間をいい、
この期間に生前過ごした家に帰ってくるとされる
祖霊(先祖の霊)や亡き近親者の霊を迎えて供養する行事です。

お盆の初日である13日には
「迎え火」を焚いて出迎え、
14・15両日には佛壇の前にお供え物で飾った精霊棚を設けて供養をし、
16日には浄土への道しるべとなる「送り火」を焚いて送り出す
という習わしになっています。

関西を初め西日本の地方では
月遅れの8月13日から16日の間に行われます。

故人が逝去後初めて迎えるお盆を初盆(新盆)と言いますが、
忌明け法要前や忌明け後幾日も経っていない時は、
翌年のお盆を初盆(新盆)とします。

特に新盆には身内や親しい方を招いて、
僧侶にお経(棚経)をあげて貰うなど盛大に行われます。

尚、浄土真宗では宗旨(教義)の違いにより、
送り火や迎え火をしたり、
精霊棚を設けるなどの習慣はありません。

昨今では、
檀家一同が参集して菩提寺で盂蘭盆会の読経(仏説盂蘭盆経)を営み、
僧侶の法話を聞くなどすることが一般的になってきています。


年に1回自分の先祖に思いを馳せてみることも
大切ではないかな~と思います。

(今日のひと言)
お盆の時期、先祖に思いを馳せてみませんか?

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

タグ

Powered by Movable Type 4.01